2016年01月11日

吹雪・気温−7℃、トイレタイムで力強い走りは途絶え ハーフマラソンの距離は遠く19.3kmランニング

3連休の2日目、
普通の日曜日とは違い時間は十分にあった。

最近の日曜日は、ランニング後の自主出勤の影響で
時間が無く
25kmはおろか、ハーフマラソンの距離すら走っていない。

今回はせめて
運動公園8周の22kmを到達させたかった。


ただ、連日の雪かきで身体は へとへと状態、
おまけに 吹雪で気温は−7℃
この気温での強風&雪は かなりの過酷さを極めた。


疲れ切った身体は鉛のように重く
路面は除雪がされていない。
新雪を漕いで この気温 この吹雪 で、
最初の1周目で既に挫折しそうになった。

2周目からランニングハイが起き
鉛のように重い身体は軽くなる。

連日の雪かきは、幸いにも 足腰が鍛えられ
新雪を漕ぐ走りは まるでラッセル車の如く
力強いものがあった。

顔に当たる雪があまりに冷たく
凍傷になりかけながらも
顔を時々押さえながら 快走は続く。

いつもの6周(16.5km)が終了した時点で
安堵感からから トイレタイムを取り
温かい暖房の利いたトイレに入る。


その時、あまりの温かさで ふと我に返る。
目まいがして、着用しているウィンドブレーカの中は
汗が凍り 氷の鎧状態になっている事に気が付く。

寒さによる身の危険を守るために
必死だった緊張感はそこで途絶え・・・・

それ以降の走りは、力が出なくなる。
あと2周はおろか 1周するのが やっとだった。

終わってみては運動公園7周の19.3km
ハーフマラソンの距離には到底及ばず、結果的には未達。
トイレタイムを取らなければ・・・後悔してしまう。


身体は冷え切って 顔面は半ば凍傷状態、
フラフラになりながら
ようやく辿りつた我が愛車のミニキャブ

乗車の瞬間、吹雪は遮断され安堵感に包まれる。
「無事に生還した!!」を思わせる程の安堵感だった。






















このブログを含め、同内容で以下を同時配信しています。






















































































 




1 ウェブリ・ブログ
2 アメーバ
3 FC2
4 ライブドア
5 ファンブログ
6 ヤプログ
7 JUGEM
8 gooブログ
9 楽天ブログ
10 yahooブログ
11 seesaaブログ
12 @peps
13 nifty
14 はてなダイアリー
15 Blogger
16 Google+
17 Twitter
18 mixi
19 facebook


 





Toshihiro Sakai

バナーを作成
posted by 坂井 利浩 at 08:40| Comment(0) | マラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。